FC2ブログ

ゆったり日記

 日々の出来事をマイ・ペースで書いてます。

ボトルアクアリウム、製作中

 ボトルアクアリウム第2段。今年も製作します。

 そろそろ秋モードに入ろうかと思う季節になって来ましたが、日中はまだまだ36℃と暑いです。でも、ボトルの立ち上げはそろそろやっておかないと秋シーズンには間に合いません。それだけ、水作りには時間と手間が掛かります。

 さて、昨年もボトルアクアリウムを製作しましたが、容器に複雑な模様があったり、口が狭かったりしてメンテナンスが行き届かなかったりした点を反省し、今年はシンプルな容器とレイアウトにしました。やっぱりメンテナンスが大事。

 今年は浮草のアマゾンとマツモの2種類のみです。まだ生体は投入しておりませんが、ひとまず立ち上げのベースは整いました。後はこまめな水換えと時間をかければ完成です。今年はシンプル過ぎる感はありますが、ボトルアクアリウムの基礎はシンプルさです。基礎に忠実路線で行こうと思います。

 また、生体投入時には色々と改良点があるかと思いますが、それがボトルアクアリウムの醍醐味ですね。今から楽しみです。

 おわり

スポンサーサイト

暑い日は続くよ。

 暑い日は続くよ。どこまでも。

 7月の中でも最も暑い日々を送っております。毎晩、熱帯夜続きで不眠気味です。既に熱中症で犠牲者が出ておりますので、要注意です。

 さて、ウチの地域では既に40℃クラスが出ておりますが、外の幹乃メダカ達は順調に育っております。そして親メダカも毎日、産卵を続けております。どんだけ?

 

 この暑さで一番、警戒しなければいけないのが、ミナミヌマエビ達。基本的に甲殻類は高温が致命傷なので、よしずで高温対策をしておりますが、今の所、茹でエビの個体は無し。...ただ気がつく前に外のエビ達の食料になっていた可能性もあるのですが、ひとまずは全滅無し。

 さて、この暑さと熱帯夜続きで体調がおかしいですが、がんばります。

 おわり

今年産まれのメダカ達も大きく・・・。

d180625b.jpg

 本来なら今月中頃までにはトリミングを終えなければいけなかったのですが、風邪で倒れていたので遅らせながら今日、トリミングをしました。
 さすがに外のビオトープの水草は成長が早い。・・・って、確か昨秋から放置していた気がするビオトープ水草。今日は伸びすぎた部分をモソモソとカッティングしました。おかげでスッキリしました。それと同時に、室内水槽の子達も全員、お外行きしました。やはり、室内よりも外の方が成長も早いし丈夫に育つので、今シーズンはビオトープのみです。管理している側としても楽が出来るので良いですね。・・・全滅する可能性も否定出来ないけど・・・。

d180625a.jpg

 こちらは今年産まれの稚魚達です。すでにボウフラが沸いてます。仕事しろよ…って言いたいのですが、後で調べてみたら稚魚は口が小さく、ボウフラは捕食出来ないとの事。仕方ないので、ボウフラを網ですくってお隣の大人メダカ達の所へポチャン!おかげ様で大人メダカ達はよく肥えて毎朝、産卵しております。・・・昨年の苦労は何だったのだろう?今後はシーズン中は外飼育の方が良いかも知れませんね。また一つ、勉強になりました。

 おわり

いよいよ6月です。

 いよいよ梅雨ですね。6月です。1年で唯一、祝日が無い月です。でも頑張ります。

 さて、近況報告から...。メダカたちも大きい個体ですでに1㎝を越える子も出てきました。さすがは成長が早いです。その中でも特に大きかった個体6匹を室内水槽へと移動しまさたが、バクテリアバランスの事を考えて、グリーンガボンバを植えました。やっぱり、水草が無いと、水の汚れ方も早いですし、何よりも水換えの手間も大きいです。まだまだですけど、これから梅雨の天気が続くのでこう言った所で楽したいものです。

 さて梅雨が続くと言う事で、先週の休日に部屋の掃除をしました、やはり、たまには掃除しないといけませんねぇ。まぁ、これで梅雨時にもカビ対策が多少はいいかなぁって思います。

 今月も頑張ります。

 おわり

大きくなりました。


 今年産まれのメダカ達。早く産まれた稚魚は1cmほどになりました。それ以外にも稚魚がウヨウヨとおります。おそらく20匹は居るでしょう。
 元々、稚魚が居る場所は親メダカの産卵場所として使っていたので、底に落ちていた卵が運良く見つからずにいたのでしよう。今シーズンは昨シーズンのように3匹しか残らなかったと言う事態だけは回避したようです。この調子で育ってくれる事を祈りますね。
 さて、この春は日によって気温差が激しいですね。今日は26℃から28℃と昨日と比較しても7℃の差があるので、気をつけたいです。

 おわり

FC2Ad