ゆったり日記

 日々の出来事をマイ・ペースで書いてます。

話し合いで解決出来なければ、SUMOUで決着をつけるしかないじゃない!

d140623b.jpg

 国会会議中での乱闘騒ぎほど、醜い醜態はないです!

 国会での乱闘と言うと、韓国や台湾、最近ではシンガポール辺りが歴史に名を残しておりますが、我が国、日本も昭和30年代にやらかしている事実を忘れてはいけません。

 昭和30年代と言うと、終戦からわずか数年という時期で、何かと良くない事件や不祥事が多かった時期でもあります。そんな国民の不満を代表するのが国会議員。別名、何かと事(※問題や不祥事)を起こし、国民の期待に応える問題児達超エリート一家。今、分かっているだけで、国鉄労組とか郵政省とか白昼の市街地爆破テロ事件の連発とか・・・・国会決議中でのストリート・ファイト大会とか・・・・。

 さすがに、国会議員の高齢化で国会でのストリート・ファイト大会の存続が困難になってきて、毎回、国民に醜態を晒すので、国会でのストリート・ファイト禁止条例が出来たのだけど、今も昔の変わらずの、頭の固い問題児の集まり敵対する派閥と歩み寄る和平会議なんて出来るわけない。
 そうなると、残された手段は戦争しかないのだが、先の敗戦からの反省点で、平和主義憲法が制定された手前、国会議員が、国会で戦争をぼっ始めるワケにはいかないので、残された手段にSUMOUで決着をつける事になったようです。

 決着の方法は、至ってシンプル。死んだ方の負け。d140624a.jpg
 
 その為、この当時の力士は、命がけの戦いで、多くのSUMOUレスラーが殉職、3階級特進してました。

 さて、時代が変わって現在。今も昔も変わらない国会議員同士の派閥争い。現在の戦いは情報戦。

 敵対する議員の経歴晒しから、不倫現場の写真晒しに始まって、議員のハコモノ作りに伴う表に出てはイケナイお金の流用事件晒しなど、かなり陰湿化しました。・・・・ちなみにウチの住所の市長、29歳でありながら、事をやらかした・・・・。

 懲りない人たちです。

 おわり
スポンサーサイト

FC2Ad